スリランカ旅行、現地のごはん事情は…

 

2
画像参照:McKay Savage

スリランカというと「紅茶の国」というイメージが強いものです。世界的に有名な紅茶生産国のスリランカですが、紅茶以外の食文化はどのようなものなのでしょうか。

ここで簡単にスリランカの現地ごはん事情について説明してみましょう。
まず旅行者が多いエリアのレストランやカフェでは洋食が普通に食べられます。
サンドイッチやピザなど基本的なものは揃っているので、
偏食がちな人でも特に問題ありません。
そういった店ではスィーツも日本のカフェで出されるものとそう違いはありません。

スリランカの食事の特長としては香辛料をふんだんに利用したスパイシーな料理が多いことが挙げられます。
スリランカらしい食事の代表としては「カレー」。スリランカのカレーは
黄色っぽく甘さと辛さが丁度良いバランスで、大抵の場合鶏肉が入っています。

このカレーにごはん又は薄いパン、サラダなどが色々ついてくるのが一般的なローカルごはんと言えます。

またインドに隣接している地理的な事からも想像できるようにインド系の料理も多く見られます。もし辛さが苦手、というかたは「ココナッツサンボル」というココナッツと唐辛子を和えたものを足す事で辛さを調整できます。
コロンボなど外国人ビジネスマンも多いエリアでは色々な国の料理が食べられます。
中華や日本食もあるので、胃腸が疲れてしまったらそういったお店に頼ることができます。
またスリランカはカレーの他魚介やフルーツなども新鮮な状態で美味しくいただけます。
日本では食べたことのない食材と出会う楽しみも旅の楽しみのひとつです。